1. >
  2. >
  3. 任意売却を迷っている 連帯保証人がいる場合の対処法は?

任意売却を迷っている 連帯保証人がいる場合の対処法は?

住宅ローンが払えない。任意売却を考えている
でも、連帯保証人がいるので迷っている。

住宅金融公庫の方は、保証人は、無いがノンバンク系
からの借り入れに、連帯保証人がついている。

最近住宅金融公庫のローンが払えず、一括返済を求められている。
連帯保証人に何と言えば良いのか?

と様々な、状況があると思います。

では、状況別で対策を書いていきます。

住宅ローンが苦しくなって任意売却を考えている場合

 

任意売却を迷っている場合、相当慎重にならなければいけません。

無理を言って「絶対返済を完済します」的な事を言って
連帯保証人になって貰っている訳です。

いきなり、貴方が任意売却をすると、連帯保証人にも
勿論、債権者から連絡が保証人に送られます。

寝耳に水な話だけに、連帯保証人は、貴方に相当の不信感を
持つ事になります。

なので、債権者から保証人に連絡が行く前に貴方から連絡すべきす。

例え、連帯保証人との付き合いが、疎遠になっていたとしても
多分、連絡先位は、探す事は出来ると思います。

連絡先が分かれば

今の貴方の状況を説明します。

  • 任意場棄却を考えている事
  • もし任意売却すると迷惑が掛かる事
  • 任意売却をした後、保証人に対してどうするのか?

など、保証人の事も考えた上で説明します。ですが

その説明で保証人が、「任意売却を認める」と言ってくれる事は先ず無いです。

ですが、突然、債務者から連絡が有るよりは、印象はましです。もしかすると、保証人の方から何かいい案を貰えるかも知れません。

任意売却を迷っているなら保証人と会うことが先決です。

相当勇気がいることですが、後々の事を考えると
ベターな選択です。

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません